HOME /何cm伸びる? /筆者の成長記録 /成長記録 1991~1996年頃(開発の経緯も合わせて)

成長記録 1991~1996年頃(開発の経緯も合わせて)

記録日成長期間身長甲高
1991~1996+2.0cm5年167.0cm7.0cm

■空手修行の副産物

22歳で本格的に空手家としての体力鍛錬に取組み始めたころ、16歳で止まっていた身長が伸び始めました。165cmであったのが23歳の健康診断で166cmと言われ、誤差であろうと、さして気にせずいたものが、翌年には167cmになり、最終的に169cmになりましたが、当時その原因は不明でした。

それから15年余り、競技者としての現役を退き、鍛錬を維持程度に減らすと身長は167cmになり、現役当時に比べヤワくなった自分の足を見てようやく、この原因の発見に至りました。
伸びた分は、当流派独自の骨鍛錬によって起きた踵骨の発達であり、鍛錬をやめて縮んだ分は、皮膚の厚みが前の状態に戻ったからだったのです。

■身長UPに特化した「身トレ」

身トレは骨鍛錬そのままでは、1年5mm程度であった骨の成長を6倍以上に効率化してあります。
また、骨鍛錬を完全に行えば6時間かかるものを20分で効果が得られるように簡略化しましたし、元来が骨肥大(成長)ではなく骨強度(骨密度)を求めるものですから、それも成長がメインとなるようにトレーニング種目、量、強度でバランスをとってあります。

■イリザロフ以外は全て試した

「イリザロフ以外は全て試した。身トレは本当に効果があるのか?」
身トレを購入される方に良く聞かれる質問です。1991~1996の間、私は相当に体力を鍛えました。一日最低3時間を毎日です。運動能力としては人に劣ることがあったとしても、練習量としては高い水準であると思います。
 その同じ方法論で一度鍛えた私の足でも15年後に再び効果が得られるのですから、当然、「効果があります」とお答えしています。結果をご報告いただける方はホンの僅かですが、これまでにクレームをいただいた事はありませんので、満足いただけているものと解釈しております。

■究極。しかし最終手段ではない

身トレは、他の方法で効果が無かった人にとっては究極の方法かもしれませんが最後の方法ではありません。 なぜなら、他の方法との併用も可能ですし、これで効果を得た後にほかの方法を試すことも、その逆も可能だからです。他の方法と完全に切り離され競合しないアプローチ であり、完全に独立した身長UPの方法です。

■過去の証明

この期間の成長をどうやって証明するのか?ということですが、間接的な証明になります。
私は当時、成長原因が分からず、15年ほど後の現在になって身トレの開発に至るわけですが、1991~96年に行った骨鍛錬を、身長アップ用にプログラムした身トレで現在成長しています。この期間の成長がなければ、身トレ開発はできませんし、現在の成長は過去を証明するものと思います。

成長記録のTOPへ戻る

HOME /何cm伸びる? /筆者の成長記録 /成長記録 1991~1996年頃(開発の経緯も合わせて)

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system